minedrip_main

「自分で淹れる」スタイルが新しい体験型コーヒーショップ誕生

newoman_entrance新宿の新商業施設「NEWoMan」に行ってきました。

新宿のタカシマヤとサザンタワーの間、JR線の真上に出来た、ルミネ運営の新しい商業ビルです。
この「NEWoMan」6階屋上スペースに、「the CAMPus」という都市型マルシェと銘打ったイベントスペースが出来ました。このスペースには天然酵母パンを売る屋台があったり、ビールが売っていて屋上の緑地スペースでベンチに座って飲めたりとちょっとした都心のリラックススペースといった風情となっています。

そこに出店している「MINEDRIP COFFEE」さんに、当店の焙煎豆を取り扱っていただいております!これから数種類の豆を提供させていただきますが、まず第一弾は西小山の店舗では出していないグアテマラのマイクロロット、イスヌル農園のパカマラ種を浅煎りでお届けいたします!

MINEDRIP COFFEEは、全国の9つの自家焙煎豆店のコーヒーを取り扱っています。その日の気分、買いたいコーヒーを相談すると、9ロースターの豆からチョイス、提案してくれます。もちろん、幾つもの違う豆をまとめ買いも出来るお店です!

豆は100g単位、MINEDRIP COFFEEオリジナルのパッケージ(脱酸素封入)で購入できます。
ロースターによっては普通のクラフト紙にビニール張りのガスバリア性の無い袋で売っているところもありますから、MINEDRIP COFFEEの脱酸素・アルミ包装はオリジナル店舗で買うよりも鮮度が高い場合もあるな、と感じました!

取り扱う9種類の豆は、全て違う店舗の焙煎豆!

このお店の特徴はもちろん9種類の豆が全て違う店の違う豆であること。

名古屋や岩手のコーヒーロースターなど、都心ではなかなか出会えない関東以外の店もあり、それぞれ特徴があって面白いチョイスとなっています。

参加ロースター:

ONIBUS COFFEE/GLITCH COFFEE & ROASTERS/Vida Cafetera/TRUNK COFFEE BAR/AND COFFEE ROASTERS/COFFEE COUNTY/Nagasawa COFFEE/The WIRED COFFEE ROASTERS/さかい珈琲

mine_drip_1私が行ってみた2016年6月6日時点では、本オープンとプレオープンの間のような感じでお店のスタッフさんもまだまだ手探り、お客さんも「お?なんだここは」といった様子見気分もあったと思うのですが、それでも土日はスタッフさんは5分と座っている時間がないほど盛況だったそうです。

全国9つの焙煎店のコーヒー豆を、一箇所で買うことが出来る「MINEDRIP COFFEE」。

プレゼントや贈りものにも最適なボックスセットも今後ラインナップに登場してくれるそうなので、これからの季節、御中元、ちょっとしたご挨拶などに、“全部入り”ギフトボックスなんかも面白いかもしれません。

次のページヘ続く

新宿NEWoMan 6階にて、当店の豆を販売中です!http://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2016/05/minedripcoffee.jpghttp://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2016/05/minedripcoffee-150x150.jpgVida Cafeteraお知らせ「自分で淹れる」スタイルが新しい体験型コーヒーショップ誕生 新宿の新商業施設「NEWoMan」に行ってきました。 新宿のタカシマヤとサザンタワーの間、JR線の真上に出来た、ルミネ運営の新しい商業ビルです。 この「NEWoMan」6階屋上スペースに、「the CAMPus」という都市型マルシェと銘打ったイベントスペースが出来ました。このスペースには天然酵母パンを売る屋台があったり、ビールが売っていて屋上の緑地スペースでベンチに座って飲めたりとちょっとした都心のリラックススペースといった風情となっています。 そこに出店している「MINEDRIP COFFEE」さんに、当店の焙煎豆を取り扱っていただいております!これから数種類の豆を提供させていただきますが、まず第一弾は西小山の店舗では出していないグアテマラのマイクロロット、イスヌル農園のパカマラ種を浅煎りでお届けいたします! MINEDRIP COFFEEは、全国の9つの自家焙煎豆店のコーヒーを取り扱っています。その日の気分、買いたいコーヒーを相談すると、9ロースターの豆からチョイス、提案してくれます。もちろん、幾つもの違う豆をまとめ買いも出来るお店です! 豆は100g単位、MINEDRIP COFFEEオリジナルのパッケージ(脱酸素封入)で購入できます。 ロースターによっては普通のクラフト紙にビニール張りのガスバリア性の無い袋で売っているところもありますから、MINEDRIP COFFEEの脱酸素・アルミ包装はオリジナル店舗で買うよりも鮮度が高い場合もあるな、と感じました! 取り扱う9種類の豆は、全て違う店舗の焙煎豆! このお店の特徴はもちろん9種類の豆が全て違う店の違う豆であること。 名古屋や岩手のコーヒーロースターなど、都心ではなかなか出会えない関東以外の店もあり、それぞれ特徴があって面白いチョイスとなっています。 参加ロースター: ONIBUS COFFEE/GLITCH COFFEE & ROASTERS/Vida Cafetera/TRUNK COFFEE BAR/AND COFFEE ROASTERS/COFFEE COUNTY/Nagasawa COFFEE/The WIRED COFFEE ROASTERS/さかい珈琲 私が行ってみた2016年6月6日時点では、本オープンとプレオープンの間のような感じでお店のスタッフさんもまだまだ手探り、お客さんも「お?なんだここは」といった様子見気分もあったと思うのですが、それでも土日はスタッフさんは5分と座っている時間がないほど盛況だったそうです。 全国9つの焙煎店のコーヒー豆を、一箇所で買うことが出来る「MINEDRIP COFFEE」。 プレゼントや贈りものにも最適なボックスセットも今後ラインナップに登場してくれるそうなので、これからの季節、御中元、ちょっとしたご挨拶などに、“全部入り”ギフトボックスなんかも面白いかもしれません。 次のページヘ続く日々のお知らせや雑感など