色々なコーヒー
美味しいコーヒーはひとそれぞれ

先日のお話。

 

店内で飲まれたお客様が、
「こんなに美味しいコーヒーは飲んだこと無いです、
どうやったらこういう風に美味しくすることが出来るんですか?
コーヒーを美味しくするコツがあったら知りたいです!」

 

とお訊ね頂きました。

 

うーん、「コーヒーを美味しくする淹れ方」も
またよく聞かれる質問なんですが・・・。
これも、またなんとも言えないんです。

 

その方は普段いくつかの有名なコーヒー店で豆を買っていて、
でもあまり美味しいと感じられていなかったようです。

 

ですが、淹れ方次第でコーヒーが美味しくなる、
ということはじつはありません。(^_^;)

 

コーヒーを淹れると言うことは、
言い方を変えると砕いたコーヒー豆にお湯をかけているだけですから・・

 

85度〜90度位のお湯をかけるだけで、
コーヒー豆の中に美味しいと感じられる成分が
たくさん生成されることは無いんです・・。
つまり、コーヒーの中に美味しい成分が入っていないと
美味しいコーヒーは作れないということです。

 

「コーヒーを淹れる」ということは、
もともとコーヒーに入っている「美味しい」と感じる成分を
なるべくたくさん取り出してあげるということなんですね。
世の中にたくさんある「コーヒーの淹れ方」は、
どうやって美味しい成分をコーヒー豆から取り出すか、
という方法が書かれているわけです。

 

さらに困るのが「美味しい」の定義が人によってばらばら、という事です。

 

この時のお客様が美味しく感じていなかったコーヒー、
有名、という事で買われていたコーヒー店が
実はそんなに美味しくなかった、という訳ではなく、
そのお客様が求める「美味しい」と感じる味と、
お客様が選ばれたコーヒー豆の持っている味が
一致していなかった、というだけなんです。

 

つまり、まずはご自分が「美味しい」と思えるコーヒーが見つかれば、
どなたでもほぼ美味しいコーヒーを抽出することが出来るということです!

 

このブログのテーマでもある「コーヒーなんて簡単だ!」は、
まさにこんな思い違いを分かっていただきたいから選んだテーマでもあります。

 

一人ひとりの味覚は、選んだコーヒー豆が
有名であるか、無いかは関係ありません。

 

世の中にはいろんなコーヒーの品種があり、
たくさんの生産国には様々な風土があり、
育て方、管理の仕方の違う農園があり、
いくつもの品質のランクがあり、
最後には無数の焙煎度合いで焼かれます。

 

ということで、最後に行う「お湯のかけ方」で
美味しさを創りだすことはなかなか出来ない訳ですね!

 

でも逆に考えると、
「家で美味しいコーヒーを淹れるのは難しい」
なんてことも、まったくありません!
自分好みの美味しいコーヒーがあれば、
家で簡単に、美味しいコーヒーが淹れられます!
コーヒーなんて実は簡単なんです!

 

ですから、まずは皆さんもまずご自分の好きな
コーヒーをイメージしてみてください。

 

自分の好みは自分だけ。
有名、無名は関係なく、
高い、安いも関係ありません。

 

これだけたくさんのコーヒーがありますから、
必ずどこかに「自分にとって美味しいコーヒー」があって、
皆さんに見つけられるのを待っていますよ!

 

 

http://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/IMG_1552.jpghttp://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2015/04/IMG_1552-150x150.jpgVida Cafeteraコーヒーのお話先日のお話。   店内で飲まれたお客様が、 「こんなに美味しいコーヒーは飲んだこと無いです、 どうやったらこういう風に美味しくすることが出来るんですか? コーヒーを美味しくするコツがあったら知りたいです!」   とお訊ね頂きました。   うーん、「コーヒーを美味しくする淹れ方」も またよく聞かれる質問なんですが・・・。 これも、またなんとも言えないんです。   その方は普段いくつかの有名なコーヒー店で豆を買っていて、 でもあまり美味しいと感じられていなかったようです。   ですが、淹れ方次第でコーヒーが美味しくなる、 ということはじつはありません。(^_^;)   コーヒーを淹れると言うことは、 言い方を変えると砕いたコーヒー豆にお湯をかけているだけですから・・   85度〜90度位のお湯をかけるだけで、 コーヒー豆の中に美味しいと感じられる成分が たくさん生成されることは無いんです・・。 つまり、コーヒーの中に美味しい成分が入っていないと 美味しいコーヒーは作れないということです。   「コーヒーを淹れる」ということは、 もともとコーヒーに入っている「美味しい」と感じる成分を なるべくたくさん取り出してあげるということなんですね。 世の中にたくさんある「コーヒーの淹れ方」は、 どうやって美味しい成分をコーヒー豆から取り出すか、 という方法が書かれているわけです。   さらに困るのが「美味しい」の定義が人によってばらばら、という事です。   この時のお客様が美味しく感じていなかったコーヒー、 有名、という事で買われていたコーヒー店が 実はそんなに美味しくなかった、という訳ではなく、 そのお客様が求める「美味しい」と感じる味と、 お客様が選ばれたコーヒー豆の持っている味が 一致していなかった、というだけなんです。   つまり、まずはご自分が「美味しい」と思えるコーヒーが見つかれば、 どなたでもほぼ美味しいコーヒーを抽出することが出来るということです!   このブログのテーマでもある「コーヒーなんて簡単だ!」は、 まさにこんな思い違いを分かっていただきたいから選んだテーマでもあります。   一人ひとりの味覚は、選んだコーヒー豆が 有名であるか、無いかは関係ありません。   世の中にはいろんなコーヒーの品種があり、 たくさんの生産国には様々な風土があり、 育て方、管理の仕方の違う農園があり、 いくつもの品質のランクがあり、 最後には無数の焙煎度合いで焼かれます。   ということで、最後に行う「お湯のかけ方」で 美味しさを創りだすことはなかなか出来ない訳ですね!   でも逆に考えると、 「家で美味しいコーヒーを淹れるのは難しい」 なんてことも、まったくありません! 自分好みの美味しいコーヒーがあれば、 家で簡単に、美味しいコーヒーが淹れられます! コーヒーなんて実は簡単なんです!   ですから、まずは皆さんもまずご自分の好きな コーヒーをイメージしてみてください。   自分の好みは自分だけ。 有名、無名は関係なく、 高い、安いも関係ありません。   これだけたくさんのコーヒーがありますから、 必ずどこかに「自分にとって美味しいコーヒー」があって、 皆さんに見つけられるのを待っていますよ!    日々のお知らせや雑感など