コーヒーの真ん中を中心に注ぎます
コーヒーの真ん中を中心に注ぎます

前回の続き、いま、ちょうど
コーヒーを注いでる途中です!
話が長いね!

 

ドリッパーの水面を
だいたい同じ高さに保ちながら、
円を書くように
自分のペースで
お湯を注いでいきます。

 

この時の水面の高さも、
それぞれの好みで構わないと思います。

 

小さいドリッパーなら上の方まで
注がないとなかなかコーヒーが
カップに溜まらないでしょうし、

 

大きなドリッパーで
カップがそんなに大きくないのであれば、
低めの水面を保ちながら
お湯を注ぐのがちょうどいいかも
しれません。

 

水面の高さに正解はありませんが、
大事なのは毎回同じにすること。
毎回同じにすることで
同じような味を再現する
目安になります。

 

さて、今回のコツはここからです!

 

ドリップ解説
お湯がコーヒーの粉の中を通りぬけるよう注ぎます

この時、ちょうどドーナツの
穴の中に
お湯を注ぐように、
コーヒーの真んなか付近だけに
円を描くようにお湯を注ぎ、
へりに近い部分にはお湯を
かけないようにしてください。

 

お湯は、流れやすい方に流れていきます。
へりに近い部分にお湯を当ててしまうと、
コーヒーの中を通るよりも
流れやすい紙の外側に
お湯が流れていってしまい、
コーヒーの中を通らないまま
カップの中に落ちてしまうため、
味が薄く、深みも無くなってしまいます。

 

お湯は真中付近に円を書くように注ぎ、
必ずコーヒーの粉の中を
お湯がしっかり通るようにしましょう。

 

それだけで、味の
深みが全然違ってきます!

 

なんとなく、ドーナツ状に
膨れたお湯に触れない部分の
コーヒーがもったいないような気がしますが、
円を描くように注ぐお湯の
ドリッパー内での動きは複雑で、
意外とちゃんと全体が抽出されているものです。
むしろ、コーヒーの中を
お湯が通らないほうがもったいないです!

 

まだまだ続く!( ̄▽ ̄)

 

コーヒーの美味しい淹れ方を解説〜その4http://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2015/02/ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421.pnghttp://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2015/02/ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb421-150x150.pngVida Cafeteraコーヒーのお話前回の続き、いま、ちょうど コーヒーを注いでる途中です! 話が長いね!   ドリッパーの水面を だいたい同じ高さに保ちながら、 円を書くように自分のペースで お湯を注いでいきます。   この時の水面の高さも、 それぞれの好みで構わないと思います。   小さいドリッパーなら上の方まで 注がないとなかなかコーヒーが カップに溜まらないでしょうし、   大きなドリッパーで カップがそんなに大きくないのであれば、 低めの水面を保ちながら お湯を注ぐのがちょうどいいかも しれません。   水面の高さに正解はありませんが、 大事なのは毎回同じにすること。 毎回同じにすることで 同じような味を再現する 目安になります。   さて、今回のコツはここからです!   この時、ちょうどドーナツの 穴の中にお湯を注ぐように、 コーヒーの真んなか付近だけに 円を描くようにお湯を注ぎ、 へりに近い部分にはお湯を かけないようにしてください。   お湯は、流れやすい方に流れていきます。 へりに近い部分にお湯を当ててしまうと、 コーヒーの中を通るよりも 流れやすい紙の外側に お湯が流れていってしまい、 コーヒーの中を通らないまま カップの中に落ちてしまうため、 味が薄く、深みも無くなってしまいます。   お湯は真中付近に円を書くように注ぎ、 必ずコーヒーの粉の中を お湯がしっかり通るようにしましょう。   それだけで、味の 深みが全然違ってきます!   なんとなく、ドーナツ状に 膨れたお湯に触れない部分の コーヒーがもったいないような気がしますが、 円を描くように注ぐお湯の ドリッパー内での動きは複雑で、 意外とちゃんと全体が抽出されているものです。 むしろ、コーヒーの中を お湯が通らないほうがもったいないです!   まだまだ続く!( ̄▽ ̄)  日々のお知らせや雑感など