さて、コーヒーの淹れ方も3回目、
やっとお湯を注ぎます(笑)

 

ここでは一番スタンダードな方法がありますので、
そこだけ丁寧に解説したいと思います。

 

まずは全体を湿らす程度に少量注ぎます
まずは全体を湿らす程度に少量注ぎます

注ぎ方
まずは、コーヒーの粉が全体に
軽くお湯を含む程度に
少量のお湯を注ぎます。

 

真ん中から、くるりと一回りさせながら
注ぐ感じでしょうか。

 

この時、むくむくと粉が膨らんできたら、
豆が新鮮で挽きたてな証拠です。
ただ、この膨らみ方も浅煎りならばあまり膨らまず、
深煎りだとより大きく膨らみますから、
単純に膨らむ大きさだけで判断しないでくださいね。

 

むくむく膨らむのが止まるまでしばし待ちます
むくむく膨らむのが止まるまでしばし待ちます

また、粉で買ってきた場合には
コーヒーから香りとともに
二酸化炭素がどんどん
出て行ってしまいますから、
購入して挽いてもらった当日か、
保ってもその翌日くらいまでしか
むくむくと膨らむ感じは残りません。

 

できれば、コーヒーミルを購入して、
新鮮なコーヒーを
挽きたてで
楽しんでいただきたいのが
コーヒー店の本音です。

 

コーヒーの真ん中を中心に注ぎます
コーヒーの真ん中を中心に注ぎます

むくむくと膨らむ動きが
ある程度で止まったら、

お湯を注いでいきます。

 

この工程をよく「30秒蒸らす」、
などと表現されていますが、
粉の量や焙煎度合い、
焙煎してからの時間にもよりますので
30秒だと待ちすぎの場合もあります。

 

むくむくが止まって、表面が少しざらついた感じに
なったら、もうお湯を注いでいいと思います。

 

さて、ここからが注ぎ方第一のコツですよ!

 

お湯を注ぎ始めたら、
ドリッパーの中のお湯の高さを
なるべく変えないようにしてください!

 

右のイラストのように、
湯面を一定の高さにしていると、
下の穴から流れ出てくる
コーヒーの流量が一定になります。

 

前回もお話したように、
毎回同じように淹れられる事が
自分の好みのコーヒーを
探しだすコツです。

 

ですから、豆の量とお湯の量の様に、
ドリッパーにお湯を注ぐときも、
ドリッパーの中の水面の高さを
いつも同じくらいにしてみてください。

 

水面の高さが同じ場所にあるという事は、
下の穴から出てくるコーヒーは
いつも同じ重さのお湯に
押し出されているはずです。

 

ということは、
お湯が注がれてから
下の穴から出てくるまでの
お湯とコーヒーが触れている時間も
大体おなじになります。

 

結果、コーヒーから美味しさの
成分が抽出されるのも
大体おなじになりますよね。

 

もし、おなじ高さで抽出しているのに
味が違ったら・・・。

 

それがその豆の個性の違いという
可能性が高くなります!

 

長い!まだ続く!

 

コーヒーの美味しい淹れ方を解説〜その3ドリッパーに注ぐコツ!http://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2015/02/P1020370.jpghttp://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2015/02/P1020370-150x150.jpgVida Cafeteraコーヒーのお話さて、コーヒーの淹れ方も3回目、 やっとお湯を注ぎます(笑)   ここでは一番スタンダードな方法がありますので、 そこだけ丁寧に解説したいと思います。   注ぎ方 まずは、コーヒーの粉が全体に 軽くお湯を含む程度に 少量のお湯を注ぎます。   真ん中から、くるりと一回りさせながら 注ぐ感じでしょうか。   この時、むくむくと粉が膨らんできたら、 豆が新鮮で挽きたてな証拠です。 ただ、この膨らみ方も浅煎りならばあまり膨らまず、 深煎りだとより大きく膨らみますから、 単純に膨らむ大きさだけで判断しないでくださいね。   また、粉で買ってきた場合には コーヒーから香りとともに 二酸化炭素がどんどん 出て行ってしまいますから、 購入して挽いてもらった当日か、 保ってもその翌日くらいまでしか むくむくと膨らむ感じは残りません。   できれば、コーヒーミルを購入して、 新鮮なコーヒーを 挽きたてで楽しんでいただきたいのが コーヒー店の本音です。   むくむくと膨らむ動きが ある程度で止まったら、 お湯を注いでいきます。   この工程をよく「30秒蒸らす」、 などと表現されていますが、 粉の量や焙煎度合い、 焙煎してからの時間にもよりますので 30秒だと待ちすぎの場合もあります。   むくむくが止まって、表面が少しざらついた感じに なったら、もうお湯を注いでいいと思います。   さて、ここからが注ぎ方第一のコツですよ!   お湯を注ぎ始めたら、 ドリッパーの中のお湯の高さを なるべく変えないようにしてください!   右のイラストのように、 湯面を一定の高さにしていると、 下の穴から流れ出てくる コーヒーの流量が一定になります。   前回もお話したように、 毎回同じように淹れられる事が 自分の好みのコーヒーを 探しだすコツです。   ですから、豆の量とお湯の量の様に、 ドリッパーにお湯を注ぐときも、 ドリッパーの中の水面の高さを いつも同じくらいにしてみてください。   水面の高さが同じ場所にあるという事は、 下の穴から出てくるコーヒーは いつも同じ重さのお湯に 押し出されているはずです。   ということは、 お湯が注がれてから 下の穴から出てくるまでの お湯とコーヒーが触れている時間も 大体おなじになります。   結果、コーヒーから美味しさの 成分が抽出されるのも 大体おなじになりますよね。   もし、おなじ高さで抽出しているのに 味が違ったら・・・。   それがその豆の個性の違いという 可能性が高くなります!   長い!まだ続く!  日々のお知らせや雑感など