店頭でいろんなお客様とお話させて頂いていると、
よくされる質問があります。

 

コーヒーはどうやって保存したらいいの?

 

これも、とても良く聞かれる質問です。
今回は、コーヒーの保存方法について
お話してみたいと思います。

 

意外に思われるかもしれませんが、
コーヒーは、生鮮食品です。
生豆の状態でも空気に触れさせていると
時間経過とともに次第に劣化していきますが、
焙煎の終わったコーヒーは
変化がさらに大きく、日毎に違ってくると
言っていいほどです。

 

つまり、一番いいのは買ったら
なるべく早く飲みきる (^_^;)

 

なんですが・・・。それがなかなか出来ないのがコーヒーライフ、
皆さんが少しでも美味しいコーヒーを楽しめるように、
コツを書いてみたいと思います。

 

コーヒーを美味しく保つには、
「酸素に触れないこと(酸化させない)」
「水分に触れさせない」
「香りを出さないこと」

 

などが大事です。
酸素は「酸化」を起こしますし、
水分は酸化を促進してしまいますし、
カビなどの発生原因にもなります。
香りはコーヒーの大事な要素ですから、
できるだけコーヒーの中に閉じ込めておきたいもの。

 

酸素になるべく触れないようにするためには
脱酸素剤を使うなど物理的に酸素に触れないようにするしかありませんが、
一般家庭ではあまり現実的ではありません。

 

「なるべく触れた空気を入れ替えない」
「水分の出入りを少なくする」
「香りが出て行かないようにする」

 

缶コーヒー
保管するときはなるべく空気にさらさない。

などを考えて、
次善の策として入れ物に工夫を
してみましょう。

 

もし購入した時に入れられていた袋が
紙(クラフト紙)で内側に
ビニールが貼ってあるような
ものであったら、空気を通しにくい材質の
袋に入れ替えたほうが
多少は寿命を伸ばすことが出来ます。

 

ビールやワインで使われる
アルミ缶やガラス瓶なども
空気を通さない材質なので、
コーヒー豆が外の空気と触れることが
少なくなるという点では、
多少は有効かと思います。
(口の部分が完全には密封できていないので
どうしても空気の侵入を許してしまいます)

 

空き缶を利用
400ml缶で150gくらいは入ります

中でも便利なのが、
飲料の缶コーヒーの空き缶
(スクリューキャップのもの)。
アルミ製で空気を通しませんし
(ガスバリア性が高い)、
安くて、落としても割れません。
キャップをしっかり閉めておけば
豆を保管するのに便利だったりします。
広口なので豆(あるいは粉)を
出し入れしやすいということもあります。
ただこれも、完全密封されているわけではありませんから、
多少は、という限定付きです。

 

よく見かけるバルブの付いた袋は、豆から出るガスが
酸素を押し出して袋の中をガスだけに
することで酸化を防ぐ方法です。
この場合、袋自体も空気を通さない
アルミ蒸着フィルムなどが使われています。
(中面が銀色の袋です)
これも、口が密封されている状態ならば、
保存の効く方法です。
ただ、これですと香りはバルブからどんどん出て行ってしまうので、
長い時間保管していると香りの弱いコーヒーになってしまいます。

 

というわけで、コーヒーを保存するときには
いくつかの点を気にしてあげると持ちが多少はいいのですが、
やっぱりコーヒーは新鮮なうちに
どんどん飲んでしまうのが良いようです。
その為には、少量ずつ買える店を探して、
一〜二週間ほどで飲みきれる量を買うのが得策です。

 

それともう一つ、「豆で購入する」
というのが実はとても効果的だったりします。
粉よりもずっと表面積が小さいですよね。
つまり空気に触れにくいわけです。

 

ですからもし機会があったら、まずは
豆を挽く道具(グラインダー)を購入することを
オススメします。

 

コーヒーの持ちが全然違ってきます。(^^)

 

 

 

コーヒーの保存方法 ちょっとしたコツ〜その1http://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2015/03/IMG_1495.jpghttp://contents.vidacafetera.com/wp/wp-content/uploads/2015/03/IMG_1495-150x150.jpgVida Cafeteraコーヒーのお話店頭でいろんなお客様とお話させて頂いていると、 よくされる質問があります。   コーヒーはどうやって保存したらいいの?   これも、とても良く聞かれる質問です。 今回は、コーヒーの保存方法について お話してみたいと思います。   意外に思われるかもしれませんが、 コーヒーは、生鮮食品です。 生豆の状態でも空気に触れさせていると 時間経過とともに次第に劣化していきますが、 焙煎の終わったコーヒーは 変化がさらに大きく、日毎に違ってくると 言っていいほどです。   つまり、一番いいのは買ったら なるべく早く飲みきる (^_^;)   なんですが・・・。それがなかなか出来ないのがコーヒーライフ、 皆さんが少しでも美味しいコーヒーを楽しめるように、 コツを書いてみたいと思います。   コーヒーを美味しく保つには、 「酸素に触れないこと(酸化させない)」 「水分に触れさせない」 「香りを出さないこと」   などが大事です。 酸素は「酸化」を起こしますし、 水分は酸化を促進してしまいますし、 カビなどの発生原因にもなります。 香りはコーヒーの大事な要素ですから、 できるだけコーヒーの中に閉じ込めておきたいもの。   酸素になるべく触れないようにするためには 脱酸素剤を使うなど物理的に酸素に触れないようにするしかありませんが、 一般家庭ではあまり現実的ではありません。   「なるべく触れた空気を入れ替えない」 「水分の出入りを少なくする」 「香りが出て行かないようにする」   などを考えて、 次善の策として入れ物に工夫を してみましょう。   もし購入した時に入れられていた袋が 紙(クラフト紙)で内側に ビニールが貼ってあるような ものであったら、空気を通しにくい材質の 袋に入れ替えたほうが 多少は寿命を伸ばすことが出来ます。   ビールやワインで使われる アルミ缶やガラス瓶なども 空気を通さない材質なので、 コーヒー豆が外の空気と触れることが 少なくなるという点では、 多少は有効かと思います。 (口の部分が完全には密封できていないので どうしても空気の侵入を許してしまいます)   中でも便利なのが、 飲料の缶コーヒーの空き缶 (スクリューキャップのもの)。 アルミ製で空気を通しませんし (ガスバリア性が高い)、 安くて、落としても割れません。 キャップをしっかり閉めておけば 豆を保管するのに便利だったりします。 広口なので豆(あるいは粉)を 出し入れしやすいということもあります。 ただこれも、完全密封されているわけではありませんから、 多少は、という限定付きです。   よく見かけるバルブの付いた袋は、豆から出るガスが 酸素を押し出して袋の中をガスだけに することで酸化を防ぐ方法です。 この場合、袋自体も空気を通さない アルミ蒸着フィルムなどが使われています。 (中面が銀色の袋です) これも、口が密封されている状態ならば、 保存の効く方法です。 ただ、これですと香りはバルブからどんどん出て行ってしまうので、 長い時間保管していると香りの弱いコーヒーになってしまいます。   というわけで、コーヒーを保存するときには いくつかの点を気にしてあげると持ちが多少はいいのですが、 やっぱりコーヒーは新鮮なうちに どんどん飲んでしまうのが良いようです。 その為には、少量ずつ買える店を探して、 一〜二週間ほどで飲みきれる量を買うのが得策です。   それともう一つ、「豆で購入する」 というのが実はとても効果的だったりします。 粉よりもずっと表面積が小さいですよね。 つまり空気に触れにくいわけです。   ですからもし機会があったら、まずは 豆を挽く道具(グラインダー)を購入することを オススメします。   コーヒーの持ちが全然違ってきます。(^^)      日々のお知らせや雑感など